4月 おうちに電気が届くまで

伊方原子力発電所へ見学いきました。

 

バスの中では、電力の方から詳しく発電の仕組みについて説明がありました。

楽しいクイズがあったり、DVDなどの説明にスカウトは、手を挙げて質問したり、楽しく電気の学習をすることができました。

ビジターズハウスでは、クイズラリーも楽しみました。

 

資源のない日本、エネルギーの大切さを改めて実感できました

スカウトの感想

 

○ぼくは伊方原子力発電所に行って、今事故がおきている福島第一原発のほうしゃのうや、ほうしゃせん、ほうしゃせんぶっしつ、などの名前が出てきて不安がありました。でも伊方発電所でほうしゃせんを受けても大丈夫だが、たくさん受けると危険なことになるということがわかりました。

ほうしゃ線は自然からも出ていて、医りょうなどにも使われるたくさんのものに、ほうしゃ線がふくまれていることに、びっくりしました。

また時間があれば行きたいです。

 

○愛媛県の原子力発電所にいきました。

私が一番楽しかったのは、クイズラリーです。

わたしたちの組「2組」は、ぶじクイズラリーにせいこうしました。

次におどろいたことは、「ほうしゃのう」が外にとびださないように

5つのかべでおおわれていた、と言うことです。

こんどは家族でゆっくり見学したいです。

 

○げんしりょくはつでんしょにいったとき、1号き、2号き、3号きがあんなに大きいのがすごいなあ と思いました。

大きなタービンが1びょうかんに、30回まわるのもすごいと思いました。

 

○僕は原子力発電所に行くのは2回目でした。

今回は福島の原発事故のことが、毎日テレビで放送されていて、関心も高いので、よく考えることができました。被害を最小限におさえるための工夫をいろんな所にしていることが良くわかりました。

これからの生活の中で、今回知ったちしきを活かしていきたいです。