カブスカウトって何?

  • ボーイスカウトの中で、小学2年生の9月から小学5年生の8月までの、少年少女を対象とする部門です。
  • 家庭や近隣社会の中で、生活指導および、組や隊の活動に参加することによって、よい社会人としての基本を修得し、ボーイスカウトへの上進を目指します。
  • 小学校の2~5年生と、成長が著しく幅の広い年代のスカウトを対象としていますので、年齢に応じた進歩過程制度に沿った活動をすると共に、異年齢同士で助け合って活動をします。

カブスカウトはどんなことを目標に、活動しているの?

  • 神(仏)を敬い、自分への責任を認識させる。
  • 自然に親しみ愛護する心を育てる。
  • 小グループの中で、相互に影響しあう機会を提供する。
  • 所属意識を伸ばし、目的を達成したときの充実感を感じさせる。
  • 自ら考え判断し、決断する力を養う。
  • 健康と安全について認識させる。
  • 体の動きを高め、想像力を伸ばす。
  • 体験をとおして学ばせる。
  • フェアプレーの精神と正義感を養う。
  • 愛と感謝の心を育てる。

カブスカウトの「やくそく」・「さだめ」とは?

  • 入隊に際して、カブスカウトは「やくそく」をします。
    • 「ぼく(わたくし)はまじめにやります。
    • 「カブ隊のさだめをまもります。


カブ隊のさだめ

  1. カブスカウトは すなおであります。
  2. カブスカウトは 自分のことを自分でします。
  3. カブスカウトは たがいに助けあいます。
  4. カブスカウトは おさないものをいたわります
  5. カブスカウトは すすんでよいことをします


カブスカウトのモットーは?

  • 「いつも元気」


入隊と上進について
 
 入隊

  • 対象年齢の少年(男女)は、いつでも仮(入隊)できます。
  • 仮入隊者は以下の「りすの道」の課題を履修します。
    1. 本運動およびカブスカウト活動がどのようにして始まったのかを知る。
    2. カブスカウトのやくそくを覚える。
    3. カブスカウト隊のさだめを覚える。
    4. カブスカウトのサインと握手ができ、その意味がいえる。
    5. カブスカウトの標語を覚える。
    6. カブスカウトの敬礼ができ、その意味がいえる。
  • 「りすの道」の過程を終えた少年(男女)は、入隊式で「カブスカウトのやくそく」をし、正式にカブスカウトになります。
  • 入隊後は、以下の区分に従い、それぞれの過程を履修します。
    • 小学2年生の9月から→→→「うさぎ」過程
    • 小学3年生の9月から→→→「しか」過程
    • 小学4年生の9月から→→→「くま」過程

 上進

  • 小学5年生になったカブスカウトは、上進準備のために上進章を着用し、「上進課目」を履修します。
  • 上進課目
    1. カブスカウトとして、隊や組の活動に進んで参加する。
    2. 「ちかい」と「おきて」について、指導者から話を聞き理解する。
    3. 三指の敬礼・左手の握手・スカウトサインが正しくできる。
    4. ボーイスカウト隊の活動についてボーイスカウト隊の指導者から話を聞く。
    5. ボーイスカウト隊の隊集会に参加し、初級科目の技能を体験する。
  • 以上の「上進章課目」を履修したカブスカウトは小学5年生の9月以降、ボーイ隊へ上進できます。
  • 小学5年生を終了した後は、カブ隊に留まる事はできません。→ボーイ隊へ